つれづれ

このサイトは検証の為に作成しました。★現在決済出来ない状態です。
店主の本業はカメラマン。ECサイトで出来る事を模索しています。気が向いたら開店するかもしれません。


web gallery

画面ドラッグで動きます。初回は起動に時間がかかります。

写真展の東京集中という現状があります。地方で多くの写真展が開催できれば写真は更に発展します。現実の写真展は難しいのでweb galleryを考えました。

写真団体にweb galleryを提案し、一定の成果がありました。しかし作家の個展でweb galleryを提案しようと思うと費用の問題があります。

個人でweb galleryをと考えたのが3DCGを使ったweb gallery。撮影・編集要素を極力減らしました。額の縦横や大きさなどの要望はオプションで対応します。

現実のgalleryを模したものから野外展示まで挑戦しています。


遊んじゃいましたweb gallery

もはや展示ではない気もします。
データが軽いので起動が早いです。


アスレチック感ある展示です。


VR panorama gallery

3DCGと作り方が違いスマホで動きます。撮影・編集要素があるのでお高いですが、選択肢を加えたくてエントリーしました。4億9千万画素。


Real VR panorama gallery

VR撮影の選択肢を加えたくてエントリーしました。スマホで動きます。

画素数は2千万画素~6億9千万画素と展示に応じて変えています。


ダウンロードデータ使い方

3DCG、Panorama共通
Windows:tour_testingserver.exeをクリック
Mac:tour_testingserver_macosをクリック

ファイアウオールでブロックされますが、アクセスを許可します。

ダウンロードデータに説明書が見当たらない


ファイル名が文字化けした可能性があります。


「八方」について

八方の意味は東・西・南・北と北東・北西・南東・南西の八つの方角。他にも四方と四隅、あらゆる方面、ほうぼうといった意味がある。360度全方位パノラマを表す日本語を探して辿り着いた。四方八方の八方でもある。他に全方位という言葉もあるが、趣が無い気がした。


M6-W3/8ネジ

 取り付けるのはM6。脱着するものに使うのはW3/8と、なんとなく決まっているようだ。

VRパノラマ雲台に使うレベラーはネジがM6。M6-W3/8ネジを介しW3/8プレートを装着。細かく合理化できるのも自作の楽しみ。

 48㎝のアルカスイス規格プレート。本来両端にクランプがついている。クランプをは外しM6-W3/8ネジを装着。雲台などを直接取り付けられるようにする。


アルカスイス-レゴ

 アルカスイスとはスイスのカメラ機材メーカー。規格が中国にコピーされ、多くのバリエーションがある。レゴのように組み合わせれば理想の機材に近づく。
 VRパノラマ雲台を作ることにした。もちろん市販品を超える為に作る。市販品に無いのが縦に長いレール。縦レールが長いほど底面のレッタッチ面積が小さくなる。市販品に少ないのが縦のローテータ―。上下の回転角度が正確になり作業が早くなる。日本で売っていないのがレベラー。 レベル調整だけでなくローテータ―が内蔵されている。 アルカスイスではない。B&Hで売ってるが日本には輸出していない。ヤフオクで偶然見つける。


VRパノラマ雲台

2020年頃のVRパノラマ撮影機材。用途に応じて使い分けている…というのは言い訳である。本当はこんなに要らないし、今はもっと増えている。